シバ神のお力は最高だ

猛毒のヘビ、キングコブラが僧侶に噛み付いたところ、僧侶は無事たったがコブラの方が血を吐いて即死するという、なんとも不思議な事件が発生した。

噛まれたのは、ヘビを神聖な生き物として祭っている「Nag-Devta」寺院の僧侶。彼は地元紙の取材に対して「シヴァ神のお力で私は助かったのです」とコメント。寺院内でコブラ(体長約1.5m)にミルクをあげようとしたところ、噛み付かれたという。

噛み付いたコブラは、その直後にどういうわけか吐血して死んでしまった。その後、僧侶は病院へ搬送されて治療を受け、事なきを得た。

また、死亡したコブラも病院へ持ち込まれて検査が行われたが、何ら外傷も発見されず、その死因は全くの謎となっている。

寺院の近くに住む人々は「噛みつかれた後にヘビが死んでしまったり、もしくは殺してしまった場合、その人は助からないと言われています。でも僧侶は助かっただけでなく、今では全く普通に生活しているんです」と驚きを語っている。

しかし、世の中には魔法か呪術のように不思議なことがあるものなんですね。
噛み付いた蛇を殺してしまったり、あるいは、その蛇が死んでしまっただけで噛み付かれた人が助からないというのも不思議な話しですよね(^^ゞ
日本でも、蛇を神様として祀っていた地方があるのですからそれ自体は不思議でもないのですけど、噛み付いた蛇が死んでしまうと噛み付かれた人が助からないと言うのはいったいどのような理論になるのでしょうか?
[PR]
# by merry-philip | 2005-07-17 23:19 | ディープなお話し

さすがはアメリカCBS!やるな

米CBSテレビはこのほど、最新ニュースの映像をインターネットで無料で見られるサービスを開始した。リアルタイムのニュースをテレビではなく高速大容量のブロードバンドで見る時代を先取りし、ネット配信を重視した報道体制に移行すると言うことだ。
ネット配信だと当然料金の問題が難しいだろうと考えていたけどCBSは無料で配信してしまうんだから凄いよな~
これからは、アメリカのニュースはネットで見れば言いと言う時代になってくるんだな~
と言っても、私は英語がわからないからやっぱり無理か~(^^ゞ
日本の局でも無料で配信してくれるところが出てこないかな~?
ネット上にはいろいろな情報が無料で提供されているのだから、ニュースも無料で提供されても良いんじゃないのかな?
日本のどこかのテレビ局は自局のドラマをネット配信することにしたらしいけど、これって有料だもんな~(T-T) グスッ
[PR]
# by merry-philip | 2005-07-16 04:51 | ハラホロヒレ(笑)

蚊を退治する携帯電話!?

携帯電話にダウンロードしたアプリケーションで蚊を退治できるという「蚊退治」サービスが、東南アジアに"対応地域"を拡大する。

「蚊退治」は、携帯電話キャリアSK Telecom(以下、SKT)が2003年から提供しているアプリケーションで、同社の携帯電話向けコンテンツ提供サービス「NATE」からダウンロードできる。起動すると、人間の血を吸うといわれる、妊娠したメスの蚊が嫌いな周波数帯の音波を出し、蚊が近寄らないようにするという仕組みだ。そのユニークさが韓国では話題となっており、昨年は約14万件のダウンロード数を記録。今年もその人気ぶりは健在で、現在のところ1日あたり800~900件程度のダウンロードがあるという。

そんな「蚊退治」が、今回はタイ、インドネシア、マレーシアなど、東南アジア地域の蚊にも対応する。国内向けのアプリケーションでは、韓国内に生息する蚊が嫌いな300Hz~600Hzの音波を出すのに対し、今回発表された「東南アジア 蚊退治」では、東南アジアのメスの蚊が嫌いな560~900Hzの音波を出す。しかも、単に音波を出すだけでなく、さまざまな種類の蚊が嫌う周波数の音波、9種類を交代で出力する「多重周波数出力方式」を採用。また、音波以外に、流す音のひとつとして、妊娠したメスの蚊が嫌うといわれるオスの蚊の羽音を搭載しているのもポイントだ。便利な機能として、タイマー設定やボリューム調節も可能となっている。

ちなみに気になる効果は「(音波を聞いて蚊が逃げる確率は)だいたい33~62.5%くらい」(SKT担当者)とのこと。実効性については賛否がありそうだが、毎年夏に話題となって出てくる「蚊退治」は、同社の季節商品として定着しそうだ。「蚊退治 東南アジア」の提供は、NATEにて12日から。利用料は2,000ウォン(約200円)となる。

こんなのが日本でも出来たら・・・ あなたは使ってみますか?

実は、韓国や中国などにはまだまだたくさんの蚊がいて、その蚊が媒介する病気により毎年多数の方が命を落としています。

そういった事情があるからこそ、こういったものが流行るのでしょう。

それにしても、ちょっと面白くないですか?

これが無料だったら・・・ 使ってみたいですね(笑)

特に、東南アジアへ旅行するときにはきっと便利ですよ~

[PR]
# by merry-philip | 2005-07-15 10:33 | ディープなお話し

重量1キロを切った小型モデルが登場

アメリカで重量1キロを切った小型モデルが登場した。普通のノートパソコンではなくタブレット型だと言うことだ。

モバイルコンピューターメーカーの米モーション・コンピューティングは7日(米国時間)、ペーパーバック程度の大きさで重量も1キロを切った小型軽量タブレットPC「LS800」を発売した。視野角120度の8.4インチSVGA(800×600ドット)TFT液晶ディスプレーを搭載し、指紋リーダーなどの高度なセキュリティー機能も備える。価格は1899ドル。
 本体サイズは横227×縦170×厚さ22ミリ、重量は約1キロ(バッテリーとスタイラスペン含む)。超低電圧版「ペンティアムM 753」(1.2GHz)プロセッサーとインテル「915GMSエクスプレス」チップセットを搭載する。OSは「ウィンドウズXP タブレットPCエディション2005」。

このサイズでこの価格、しかも軽くて持ち運びが楽な上タブレット型で使用するにも楽なのではないだろうか? もちろん、キーボードに慣れている人にはちょっと不安があるかも知れない。
ただ、電車での通勤時に使用するなどを考えるとキーボードでカチャカチャ音をさせているよりもスマートなんだろうな
ちょっと残念なのは、標準バッテリーでは最大で3時間程度しか使えないと言うことだ。これも、長時間対応のバッテリーが販売されるのだろうから残念といえるほどのものでは無いか。
通勤に1時間以上も電車に乗っていることを考えるとやはり標準バッテリーでは心もとない感じがするな~
[PR]
# by merry-philip | 2005-07-12 01:56 | ちょっとお洒落に

乱暴になってきたのか?

少し前のことではあるけれども、ノートパソコンに耐衝撃性に優れたものが発表されたことがある。 あのときに、そんなに衝撃に強くしてどうするのだろう? まさか、ノートパソコンを使って殴ったり、殴られるのを防ぐ訳じゃないよな~ なんて思ったものだ。
まぁそれほどの衝撃には耐えられないのだろうけどね(笑)
しかし、大切に扱わなければ壊れるかもしれない。 大切に扱わなければならない。
と言う感じがなくなってしまうのも事実だろう。
その上、今回は耐衝撃のポータブルHDDがバッファローから発売された。
確かにHDDと言うのは衝撃に弱いものであったから、持ち運びを考えると耐衝撃性のあるものはかなり重宝されるのだろう。
[PR]
# by merry-philip | 2005-07-09 03:37 | ちょっとお洒落に

40歳以上限定!大人だけの素敵な空間

客を40歳以上に限定したバー「BAR AOYAMA R40」が、今月7日東京・南青山にオープンする。
 ドアのロックは指紋認証式で、登録が必要。同伴者も40歳以上のみ。若者に邪魔されない大人の夜遊び空間だという。

何だか凄くうれしい気分(笑)。本当の意味での大人専用のお店が出来たんですね~
しかし、青山だからこそ出来るのかな? こういうお店ってちょっと興味があるけど
ちょっと行ってみるとか、と言うわけには行かないよね。

カウンターには懐かしい酒が並び、レコードのビートルズや井上陽水が流れるレトロな雰囲気だ。共同経営者の一人で、広告会社社長の長井和子さん(57)は「大人が楽しめるとうたう店でも、若い客ばかりで失望することが多かった。ならば自分たちで作ろうと思った」と話す。

と言うことだから、私のようなおじさんには羨望の場所となること間違いない!
しかし、「懐かしい酒」って、いったいなんだろう? まさかトリスじゃないよね(笑)
[PR]
# by merry-philip | 2005-07-03 12:11 | ちょっとお洒落に

イーバンク銀行で預金を不正振り込み

スパイウェアを利用してイーバンクの口座番号や暗証番号などを不正入手して、預金を他の口座に振り込ませる事件が発生した。
以前、このような手口による事件はキーロガーやフィッシング詐欺によるものがほとんどだったのにとうとうスパイウェアを利用したものが出てきたんですね。
イーバンクに口座を持っている人は注意してくださいね。
時々暗証番号を変えるとか、スパイウェアの削除をするとか・・・
イーバンクでは「IP制限サービス」と言うサービスも行っているようですので、そちらを利用するのも良いかもしれませんね。
[PR]
# by merry-philip | 2005-07-02 14:40 | ディープなお話し

株主総会でネット投票が多くなってきたようだ

今年の株主総会では400社近い企業が携帯電話やパソコンを使った投票制度を導入し、携帯電話で投票できる企業は前年の16社から117社に、パソコンで投票できる企業は219社から271社に、それぞれ増加したということだ。
確かに、株主の利便性などを考えた場合には素晴らしい方法だと思う。それに、議員選挙でも同じようにインターネットを利用した投票を実施するような方向で考えていると言うことだ。
しかし、それとは逆にWinnyのウィルスによる重大情報の流出やフィッシング詐欺などインターネットではセキュリティの面でも不安が残る部分もまだまだ少なくない。
こうした現状を踏まえた上で、利便性の追求だけでない安全なインターネットの世界を作り上げていくことが出来たらもっともっと素晴らしいものになると思うのだけど・・・
結局のところ、使用する側の問題も大きく、簡単には解決する問題でも無いのだろうか?
[PR]
# by merry-philip | 2005-06-26 02:12 | ディープなお話し