マイクロソフトがOSにウィルス対策機能を

マイクロソフトはウィルス対策機能の付いたOSを発表しましたね。今年の終わり頃にはベータ版が出されるみたいです。先日ウィルスバスターにトラブルがあったことからマイクロソフトがOSに付けてしまえば安心出来るかもしれません。
ウィルスバスターのような下らない失敗をする事もないだろうし。何と言ってもOSとの整合性はこれ以上のものは望めないでしょうからね(笑)
でもこれってちょっとオカシクないですか?そもそもOSにウィルスに侵入されるソヨウがあると認めているってことですよね。そこの部分を直せばウィルス対策機能そのものが不必要になるのではないでしょうか?
それに何故今頃になってマイクロソフトがウィルス対策ソフトを開発するのか?
もしかしてウィルス対策ソフトによる利益が見込める、ウィルス対策ソフトの重要性が認知されたから?
もちろん、これによりOSの価格も上がるのだろう。
何だか簡単に喜んでもいられないような気がするのだが…
[PR]
by merry-philip | 2005-05-15 06:39 | ハラホロヒレ(笑)


<< 映画2046のDVDを手に入れた 昭和の日だって? >>