NHK受信料不払い。増える一方

昨年7月に発覚した元チーフプロデューサーの番組制作費着服事件から約1年間。せっかく支払った受信料が個人の遊興費に使われていたという事実を知ってしまった以上、こんなもの支払えるか!と思っている人がとうとう100万人を超えてしまった。
もちろん、本来の支出目的は理解できるが、それ以外のことに使われては支払う気など起きないのも当然かもしれない。
これと同じように、有料道路の料金も本来の目的外のことに使われているようでは支払う気持ちになれないものだ。
しかし、有料道路の場合には支払わないと通してもらえない。支払う意思の無いことを書面に書いて(もちろん、自分の住所氏名もちゃんと書いておく必要がある)料金の変わりに手渡していたと言うこともあったような気がするが、どうなってしまったのだろう?
特に、首都高速道路などではとっくに償還されていておかしくないはずの料金なのに・・・
まぁそういうものがあるから地方の有料道路が作れると言う事実もあるのだけど。
実際にはどれほど必要なのか考えさせられるような道路もあるからな~。
親方日の丸的考え方ではこれからの日本がどんどん悪くなるだけのような気がする。
日本の官僚はこの国をいったいどこに持っていく気なのだろうか?
日本の政治家はいったい何を考えているのか?そういう政治家を選んでいる国民は何をしたいのだろうか? 結局、自分の尻拭いをすることになると言うのに・・・
[PR]
by merry-philip | 2005-08-03 03:18 | ディープなお話し


<< 自殺志願者を殺す? 菊間アナ、バッシングの秘密 >>