シバ神のお力は最高だ

猛毒のヘビ、キングコブラが僧侶に噛み付いたところ、僧侶は無事たったがコブラの方が血を吐いて即死するという、なんとも不思議な事件が発生した。

噛まれたのは、ヘビを神聖な生き物として祭っている「Nag-Devta」寺院の僧侶。彼は地元紙の取材に対して「シヴァ神のお力で私は助かったのです」とコメント。寺院内でコブラ(体長約1.5m)にミルクをあげようとしたところ、噛み付かれたという。

噛み付いたコブラは、その直後にどういうわけか吐血して死んでしまった。その後、僧侶は病院へ搬送されて治療を受け、事なきを得た。

また、死亡したコブラも病院へ持ち込まれて検査が行われたが、何ら外傷も発見されず、その死因は全くの謎となっている。

寺院の近くに住む人々は「噛みつかれた後にヘビが死んでしまったり、もしくは殺してしまった場合、その人は助からないと言われています。でも僧侶は助かっただけでなく、今では全く普通に生活しているんです」と驚きを語っている。

しかし、世の中には魔法か呪術のように不思議なことがあるものなんですね。
噛み付いた蛇を殺してしまったり、あるいは、その蛇が死んでしまっただけで噛み付かれた人が助からないというのも不思議な話しですよね(^^ゞ
日本でも、蛇を神様として祀っていた地方があるのですからそれ自体は不思議でもないのですけど、噛み付いた蛇が死んでしまうと噛み付かれた人が助からないと言うのはいったいどのような理論になるのでしょうか?
[PR]
by merry-philip | 2005-07-17 23:19 | ディープなお話し


<< 宇宙戦争を見た さすがはアメリカCBS!やるな >>