株主総会でネット投票が多くなってきたようだ

今年の株主総会では400社近い企業が携帯電話やパソコンを使った投票制度を導入し、携帯電話で投票できる企業は前年の16社から117社に、パソコンで投票できる企業は219社から271社に、それぞれ増加したということだ。
確かに、株主の利便性などを考えた場合には素晴らしい方法だと思う。それに、議員選挙でも同じようにインターネットを利用した投票を実施するような方向で考えていると言うことだ。
しかし、それとは逆にWinnyのウィルスによる重大情報の流出やフィッシング詐欺などインターネットではセキュリティの面でも不安が残る部分もまだまだ少なくない。
こうした現状を踏まえた上で、利便性の追求だけでない安全なインターネットの世界を作り上げていくことが出来たらもっともっと素晴らしいものになると思うのだけど・・・
結局のところ、使用する側の問題も大きく、簡単には解決する問題でも無いのだろうか?
[PR]
by merry-philip | 2005-06-26 02:12 | ディープなお話し


<< イーバンク銀行で預金を不正振り込み 約7割が「週1回以上」Blog... >>