これも、郵政民営化法案を通すためなのか?

現職首相では初めてという硫黄島戦没者追悼式に小泉首相が出席出席した。
しかも、千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京都千代田区)であった拝礼式にも3年ぶりに出席し、今月23日には沖縄全戦没者追悼式にも出席する方針だというから、ヘンに疑ってしまう。
古賀衆議院議員が会長を勤める日本遺族会に気を使っているのだろうか?
それにしても、極端なやり方のような気がしてならない。それとも、こちらに参加して靖国参拝が出来ないことに理解してもらおうと言うのだろうか?
いずれにしても、日本遺族会との約束を果たそうとしていることは間違いの無い事実に感じる。それは、とりもなおさず郵政民営化法案成立のため。それ以外に何かあるのだろうか?
やることが極端で、あまりにも考えの無い小泉首相の行動にはがっかりさせられる。
元雄、国民のことを考えて政治を行うべきなのでは無いだろうか?
それをしなくても済んでしまうのは国民が、政治に無関心なのが少なからず原因としてあるような気がしてならない。
政治と言うのは、政治家を選ぶ投票だけで参加しているのではないはず。自分が投票した政治家がしっかりと政治を行ってくれるのかどうか、常に関心を示し、常に監視していることも大切なのではないだろうか?
政治不信の原因は結局のところ国民一人一人に原因があるのでは無いだろうか?
まぁ政治をわかりにくくしている政治家が多いのも事実ではあるだろうけど・・・
[PR]
by merry-philip | 2005-06-20 02:11 | ディープなお話し


<< 約7割が「週1回以上」Blog... JAL機の事故が目立つようにな... >>